相続登記はお済みですか?

相続登記はお済みですか? > まんがの解説

まんがの解説

兄のプロフィール/相続一男(長男)川崎市在住の会社員。妻と子供1人の3人家族 兄:そうだ!相続の件なんだが、父さんと母さんの貯金は介護で全部使ってしまって、この横浜の実家しか残ってないんだが、どうしようか?
相続人て誰がなるの?

誰が相続人になるのかは、民法という法律で決まっています。
相続人になれる人とその順番は、次のとおりです。

第1順位子供。第2順位直系尊属※親。親が先に亡くなった場合は祖父母。第3順位兄弟姉妹

なお、夫または妻は、常に相続人になります。(このほか、代襲相続という制度もあります)

今回のケースにあてはめますと・・・
最初に母が亡くなりました。母の夫は先に亡くなっていますので、母の相続人は長男の一男と、二男の次郎です。

亡くなった母親の相続人を示した家計図

次に二男の次郎が亡くなりました。次郎の相続人は、妻の美智代とその子ども2人ですから、母親の遺産分割協議にこの3人が次郎に代わって参加します。

二男の次郎の相続人を示した家計図
兄:本当にいいのか?ありがとう!まあ、まだ急ぐこともないから、今は特に何もしないが、いつかまたちゃんと話をしような。弟:うん。
口約束ではなく、書面に残すって何?

遺産を誰が受け継ぐのか、遺産をどのように分けるのかは、相続人が話し合って決めることになります。これを「遺産分割協議」と言います。

遺産分割協議の内容と結果は、書面にすることが大切です。

遺産分割協議書の内容と結果を記載した書面は、「遺産分割協議書」と言われ、相続人全員が署名・記名して実印を押印します。 この「遺産分割協議書」をきちんと作成することにより、相続人間の話し合いの結果が明確になりますので、後々の争いを防ぐことができます。※イラストはイメージです。

遺産分割協議書。横浜の実家と、土地を含む全ての財産は、相続一男が相続します。相続次郎は何も相続しません。以上のとおり、相続人全員による遺産分割協議が成立したので、本協議書を2通作成し、署名押印の上、各自1通ずつ所持する。相続一男、相続次郎
ところが数年後。次郎が心筋梗塞でこの世を去った。
遺産分割協議をしないまま時間が経過してしまった

早めに遺産の分割について話し合いをすることをお勧めします。
遺産分割協議は相続人の全員が参加する必要があります。時間が経過してしまい、遺産分割協議に参加する相続人が亡くなってしまうと、さらにその相続人が遺産分割協議に参加することになります。

本来なら、兄弟の話し合いだけで済んだのに、一男は実家をすべて相続できなくなったことを説明するイラスト

遺産分割協議に参加できない人が一人でもいると、遺産の分割協議を行うことはできません。時間が経過するほど、遺産分割協議に参加する当事者が増えてしまい、中には連絡がとれない人がでてくる可能性もあります。

えぇっ!次郎の長女が、彼氏とかけおちして連絡がとれない!?これじゃ分割協議できないじゃないか!(一例)
口約束で済ませたことがこんなことになるなんて!ちゃんと相続登記をしておくべきだった・・・
口約束ではなく、書面に残すって何?

遺産分割協議で決めたことは、登記をしないと第三者に対抗できません。
対抗とは、例えば自分が遺産分割協議で不動産を取得したと権利を主張することです。相続人ではない人は、遺産分割協議の内容が分かりませんので、速やかに相続登記をすることが大切です。

また、相続登記をしませんと、不動産の所有者は亡くなった方の名前が登記されたままとなります。不動産を売却する場合や住宅ローン完済等の登記をする場合、亡くなった方の登記のままでは手続きできません。将来に備え、早めに相続登記を済ませておくことが大切です。

相続登記しないと、実家の名義変更はできないし、売却もできないという説明イラスト
前のページへ戻る
子供や孫のためにも、お早めの相続登記をお勧めしています。質問・相談がございましたら、お近くの司法書士に、お気軽にご相談ください。