相談分野一覧
相続のこと

[ 相続放棄・限定承認 ]
父が多額の負債を残して亡くなりました。

相続人は、被相続人の負債も相続します。被相続人の負債が多額のときは、相続すると不利なときもあり、そのため、相続人は相続を知ったときから3ヶ月以内に家庭裁判所に相続放棄の手続をすることができます。相続放棄が認められると相続人ではないことになります。また、相続財産と負債が不明で相続放棄をするか迷うときは、負債について相続財産を限度として責任を負う限定承認という手続きを選択することもできます(但し、相続人全員で手続をする必要があります)。手続の詳細についてはお近くの司法書士にご相談ください。

例えばこんなとき
  • 父の債権者と名乗る者から支払い請求が来た。
  • 父の死後3ヶ月を越えてしまった。父の借金の存在は全く知らなかった、何とかならないか

相談会日程を確認する
この分野の相談事例を見る
この分野を取扱うお近くの司法書士を表示する
依頼内容に応じた司法書士を検索できます。住まいの地域を選択下さい。
※[Ctrl]ボタンを押しながら複数選択可能です。
※[Shift]ボタンを押しながら連続で複数選択可能です。