相談分野一覧
相続のこと

[ 遺言の検認 ]
自筆らしい遺言がみつかったときの手続は?

被相続人に自筆の遺言が残されていたときは、家庭裁判所での検認手続が必要です。遺言による不動産の相続手続などは遺言の検認を先にする必要があります。
手続についてはお近くの司法書士にご相談ください。

例えばこんなとき
  • 被相続人の遺言書とかかれた封筒がみつかった
  • 遺産分割が終わった後で、遺言書がみつかった
  • 死後何年か経った後に遺言書がみつかった

相談会日程を確認する
この分野の相談事例を見る
この分野を取扱うお近くの司法書士を表示する
依頼内容に応じた司法書士を検索できます。住まいの地域を選択下さい。
※[Ctrl]ボタンを押しながら複数選択可能です。
※[Shift]ボタンを押しながら連続で複数選択可能です。