相談分野一覧
成年後見のこと

[ 後見開始等の申立 ]
認知症の親の定期預金を解約しようとしたら、後見人を付けてくださいと言われました

お年寄りが一人で居るときに、悪徳業者などから不要な物を買わされたり、不要な工事をされたりして、周りの人が気がついたときには、その方の財産が無くなってしまったり、大きく減少してしまっていたりすることがあります。
このようなことを防ぐために、判断能力の低下した方には、その方を支援する人、その方の代わりに契約する人(成年後見人等:成年後見人、保佐人、補助人)を選任する必要があります。成年後見人等は、家庭裁判所で選任されます。
司法書士は、家庭裁判所への選任申立書の作成ができます。また、成年後見人等の候補者がいない場合に、司法書士が候補者となることも可能です。まずは司法書士にご相談ください。

例えばこんなとき
  • 一人暮らしの親族が認知症になってしまった
  • 認知症の親の預金を下ろしに行ったら、銀行から「成年後見人をつけるように」と言われた
  • 障がいをもった子供がいるが、自分に何かあった場合、子供のことが心配

相談会日程を確認する
この分野の相談事例を見る
この分野を取扱うお近くの司法書士を表示する
依頼内容に応じた司法書士を検索できます。住まいの地域を選択下さい。
※[Ctrl]ボタンを押しながら複数選択可能です。
※[Shift]ボタンを押しながら連続で複数選択可能です。