相談分野一覧
裁判のこと

[ 賃料請求 ]
家賃が払えず訴えられた。未払い家賃の支払いをしたい。

「半年前に会社にリストラされ、家賃が払えなくなった。最近、ようやく次の仕事が決まり、給料が入れば家賃を少しずつ多めに払うことはできる。ところが、大家から簡易裁判所に訴えられてしまった。このまま住み続けるようにはできないだろうか。」
訴えを無視すると訴えた側の全面勝訴となり、強制的に立ち退くことになってしまいます。裁判所は平日しかやってませんが、代理人に司法書士(簡裁代理認定司法書士)を選任すれば、自身は裁判所に出頭せず、相手方と分割払いなどの和解交渉をすることができます。詳しくはお近くの司法書士へご相談ください。

例えばこんなとき
  • 家賃を何とか支払っていく意思があるので、今住んでいる部屋を出て行きたくない。
  • 家賃の支払い方法について話し合いをもちたい
  • 滞納家賃を支払っても、受け取ってくれない

相談会日程を確認する
この分野の相談事例を見る
この分野を取扱うお近くの司法書士を表示する
依頼内容に応じた司法書士を検索できます。住まいの地域を選択下さい。
※[Ctrl]ボタンを押しながら複数選択可能です。
※[Shift]ボタンを押しながら連続で複数選択可能です。