相談分野一覧
その他こんなことも

[ 供託 ]
大家さんが家賃の増額を要求して、今までの額の家賃を受け取ってくれないのですが・・・

このようなケースでは、家賃の増額が妥当かどうかは別にして、家賃の支払いをしなければ、家賃の滞納を理由に契約を解除されてしまう恐れがあります。
そのような場合には、大家さんにではなく供託所(法務局)に金銭を納付し、最終的にはその金銭を大家さんに受け取らせることによって、家賃の支払いという目的を達成する制度、すなわち「供託」手続を利用しましょう。
司法書士は本人に代わり、代理人として供託手続きを行うことができます。
お気軽に司法書士にお問合せください。

例えばこんなとき
  • 家賃を増額されたが納得できないが、家は退去したくない。
  • 増額前の家賃なら支払ってもいい

相談会日程を確認する
この分野の相談事例を見る
この分野を取扱うお近くの司法書士を表示する
依頼内容に応じた司法書士を検索できます。住まいの地域を選択下さい。
※[Ctrl]ボタンを押しながら複数選択可能です。
※[Shift]ボタンを押しながら連続で複数選択可能です。