相談分野一覧
不動産のこと

[ 筆界特定 ]
隣家と土地の境界でもめている。

隣の土地との境界線で争いがあって、当事者同士の話がまとまらないときは、さらに話をしようとしても、双方感情的になって、話が膠着状態になってしまいます。
例えばこんなときは法務局に境界線の確定の申し立て(筆界特定の申請)を行い、判断を受けることができます。申立は司法書士が代理人となって行うことができます。
お近くの司法書士にお気軽にご相談いただければ、事案にあった解決方法をアドバイスさせていただきます。

例えばこんなとき
  • 隣家が自分の敷地上にはみ出している
  • 境界線が分らない
  • 境界線を主張しても、相手がとりあってくれない

相談会日程を確認する
この分野の相談事例を見る
この分野を取扱うお近くの司法書士を表示する
依頼内容に応じた司法書士を検索できます。住まいの地域を選択下さい。
※[Ctrl]ボタンを押しながら複数選択可能です。
※[Shift]ボタンを押しながら連続で複数選択可能です。